【インターネット広告運用の基本計算】リスティング広告の指標の計算 その2

⑤制作実績

前回は、インターネット広告における重要な指標についてご紹介していきました。

今回も、その他重要な指標についてご説明していきます。

 

⑤CT(クリック数)

CT(クリック数)は、ホームページやWebサイトなどに表示された広告が、実際にユーザーによってクリックされた回数のことを表しています。

【クリック数の計算式】

クリック数の計算式その1 = 広告表示回数 × クリック率

クリック数の計算式その2= 広告費用 / クリック単価

の、いずれかとなります。

 

例えば、

広告費用が150,000円

広告表示回数が5000回

クリック率が5,00%

クリック単価が600円

のケースであれば

1の計算式を使うと、クリック数は

 

クリック数= 5000(回) × 5.00%=250回

 

2の計算式を使うと、クリック数は

 

クリック数= 150,000(円) / 600(円)=250回

 

となります。

クリック数を増加させるには4つのポイントがあり、

a.広告表示回数を増加させる

b.クリック率を上げる

c.広告費用を増加させる

d.クリック単価を下げる

を意識することが重要になります。

 

⑥CV(コンバージョン)

CV(コンバージョン)とは、ホームページやWebサイト上から獲得できる成果を示しています。

ホームページやWebサイトの性質や種類によって変わりますが

例えば、自社Webサイトの商品やサービスの紹介といったものなら資料請求、お問い合わせをユーザーから受けた数がコンバージョンになり、ECサイトであるならば商品の購入数、コミュニティサイトや各種情報提供サイトならユーザーの会員登録数などが挙げられます。

 

 

【CV(コンバージョン)の計算式】

 

コンバージョンの計算式その1 = クリック数 × コンバージョン率

コンバージョン②の計算式その2= 広告費用 / コンバージョン単価

 

の、いずれかとなります。

 

例えば、

 

広告費用が360,000円

クリック数が400回

コンバージョン率が3,00%

コンバージョン単価が30,000円

のケースであれば

 

1の計算式を使うと、コンバージョン数は

コンバージョン数= 400回 × 3,00%=12回

2の計算式を使うと、コンバージョン数は

コンバージョン数= 360,000円 / 30,000円=12回

となります。

 

⑦IMP(表示回数)

表示回数とは、ホームページやWebサイト上で、実際に広告が表示された回数のことをしめしています。

【表示回数の計算式】

 

表示回数の計算式 = クリック数 / クリック率

 

となります。

 

例えば、

広告費用が300,000円

クリック数が700

クリック率が10,00%

のケースであれば

 

表示回数(IMP) = 700 / 10,00%=7,000回

 

となります。

 

表示回数を増加させるには、主に3つのポイントがあり、

a.広告費用を増やす

b.SEO対策を行って、ホームページやWebサイトの掲載順位を上げる

c.ユーザー検索時の新規キーワードをページに追加する

を意識することが重要になります。

 

⑧COST(費用)

COSTは、リスティング広告を行う際にかかる費用のことです。

 

【費用の計算式】

 

費用の計算式その1 = クリック数 × クリック単価

費用の計算式その2= コンバージョン数 × コンバージョン単価

の、いずれかとなります。

 

 

例えば、

クリック数が600回

クリック単価が1000円

コンバージョン数が20個

コンバージョン単価が30,000円

 

のケースであれば

 

1の計算式を使うと、費用は

費用= 600(回) × 1000(円)=600,000円

2の計算式を使うと、費用は

費用= 20個 / 30,000(円)=600,000円

 

となります。

 

以下、リスティング広告における指標のまとめになります。

 

略語名称計算式
CTRクリック率クリック数 / 広告表示回数
CPCクリック単価広告費用 / クリック数
コンバージョン単価 × コンバージョン率
CVRコンバージョン率コンバージョン / クリック数
CPAコンバージョン単価広告費用 / コンバージョン
クリック単価 / コンバージョン率
CTクリック数表示回数 × クリック率
広告費用 / クリック単価
CVコンバージョンクリック数 × コンバージョン率
広告費用 / コンバージョン単価
IMP表示回数クリック数 / クリック率
COST費用クリック数 × クリック単価
コンバージョン数 × コンバージョン単価

今回いくつもの指標が出てきたので、混乱する方もいらっしゃるかもしれませんが、計算式自体の仕組みは非常に単純です。

また、広告関連の指標はあらゆるWebマーケティング施策を企画する上で知っておいて損はないものですので、覚えておくと良いです。

※千葉県八千代市に本社を置くサンファームネットは、スリランカにおいて優秀な開発チームを持ち、システム開発(ソフトウェア開発)、ネットワーク構築、販売・商品・顧客管理、ホームページ作成、データエントリーシステム、各種システム導入支援など、お客様にとって最適なITを用いた解決策をご提案することができます。

次の記事

CTVRの計算方法