IOTについて

IoTは”Internet of Things”の略でモノのインターネットと訳されています。読み方はアイオーティーです。

そして、今までインターネットにつながっていなかったモノをつなぐことをIoT:Internet of Things(モノのインターネット)と呼んでいます。

プロセスとしては

情報の取得を人の操作や機械的なセンサーを通じて行う。
集められた情報をクラウド上に蓄積、分析し膨大なデータの解析にAIを用いる。
分析結果に応じて、ヒトに対して最適なフィードバックが返ってくる。

ということです。

高齢者の車の事故が社会問題となっている昨今では、自動運転のシステムが注目されていますが

その自動運転においてもIoTは必要不可欠な技術です。

自動運転では、車の状態をクラウドへデータとして共有し、AIが運転の指示を与える事ができます。

この際には、車の位置情報や走行状態といったデータはIoTの技術がなければ情報の収集ができません。

また現在では、農林水産の分野でもドローンを活用することによる収量拡大、品質向上、作業の効率化、コスト削減

といった効果が期待されておりその注目を集めています。

田んぼや畑、いけすの状態をドローンを使ってカメラで撮影しますが

クラウドに瞬時にアップロードするためにはIoTの技術が重要になってきます。

Follow me!